20Sプロテオソームの新しい機能, 内在性シャペロン型ヌクレオシド2リン酸キナーゼ様活性の発見とその活性中心の検討 Intrinsic chaperone-type nucleoside diphosphate kinase-like activity as a novel function of the 20S proteasome

この論文をさがす

著者

    • 矢野 仁康 YANO Mihiro
    • 徳島大・分子酵素研・酵素分子化学 Division of Enzyme Chemistry, Institute for Enzyme Research, The University of Tokushima
    • 森 幸恵 MORI Sachie
    • 徳島大・分子酵素研・酵素分子化学 Division of Enzyme Chemistry, Institute for Enzyme Research, The University of Tokushima
    • 木戸 博 KIDO Hiroshi
    • 徳島大・分子酵素研・酵素分子化学 Division of Enzyme Chemistry, Institute for Enzyme Research, The University of Tokushima

収録刊行物

  • 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集  

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 21, 457, 1998-12-01 

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002919110
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10468414
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ