アフリカツメガエル (Xenopus laevis) 卵母細胞を用いたDNA複製開始モデルシステムによる転写因子E2F1の標的遺伝子の同定 Identification of E2F-target genes using the DNA replication-indusible system in Xenopus oocytes

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集  

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 21, 506, 1998-12-01 

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002919417
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10468414
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ