Gα12によるJNKの活性化おけるSrcとRhoの関与 Involvement of Src and Rho in Gα12-induced activation of c-Jun N-terminak kinase

この論文をさがす

著者

    • 長尾 元史 NAGAO Motoshi
    • 東工大・生命理工・分子生命医科学(シェイング・プラウ寄与)講座 Faculty of Bioscience and Biotechnology, Tokyo Institute of Technology
    • 上代 淑人 KAZIRO Yoshito
    • 東工大・生命理工・分子生命医科学(シェイング・プラウ寄与)講座 Faculty of Bioscience and Biotechnology, Tokyo Institute of Technology
    • 伊東 広 ITOH Hiroshi
    • 東工大・生命理工・分子生命医科学(シェイング・プラウ寄与)講座 Faculty of Bioscience and Biotechnology, Tokyo Institute of Technology

収録刊行物

  • 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集  

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 21, 526, 1998-12-01 

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002919534
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10468414
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ