Calcineurin, Mpk1MAPK二重破壊株の合成致死性を過剰発現により抑圧するDSL遺伝子の取得と解析 Isolation and characterization of DSL genes that suppress the synthetic lethality of Δcnb1Δmpk1 disruptant

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集  

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 21, 552, 1998-12-01 

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002919687
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10468414
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ