テトラサイクリン制御によるB型肝炎ウィルスX遺伝子の発現の試み An attempt for expression of tet-controled human hepatitis B virus X protein

この論文をさがす

著者

    • TANG Hong
    • 金沢大学・がん研・腫瘍分子科学 Dept. Mol. Oncol., Cancer Res. Inst., Kanazawa Univ.
    • LIN Yong
    • 金沢大学・がん研・腫瘍分子科学 Dept. Mol. Oncol., Cancer Res. Inst., Kanazawa Univ.
    • DORJSUREN Dorjbal
    • 金沢大学・がん研・腫瘍分子科学 Dept. Mol. Oncol., Cancer Res. Inst., Kanazawa Univ.

収録刊行物

  • 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集  

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 21, 564, 1998-12-01 

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002919760
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10468414
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ