花成時期遺伝子FTとそのホモログTFL1は拮抗的に働き, CONSTANS依存的な花成シグナルを伝達する Flowering-time gene FT and its homologue TFL1 act antagonistically and mediate the CO-dependent flowering signal

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集  

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 21, 636, 1998-12-01 

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002920199
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10468414
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ