視交叉上核及び末梢各組織におけるラット時計遺伝子(rPer2)発現に与える松果体摘出の影響 Effects of pinealectomy on circadian expression of rat clock gene(rPer2) mRNA in the suprachiasmatic nuclei and peripheral tissues

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集  

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 21, 660, 1998-12-01 

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002920343
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10468414
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ