Waardenburg症候群のメラノサイト欠損による症状はどのように惹起されるか-1型責任遺伝子PAX3による2型責任遺伝子MITFの転写制御- Epistatic relationship between Waardenburg syndrome genes MITF PAX3

この論文をさがす

著者

    • 渡辺 淳 WATANABE Atsushi
    • NIDCD, NIH, USA, 現 日本医科大学第二生化学 NIDCD, NIH, USA, Depart. Biochem. and Mol. Biol., Nippon Medical School
    • 武田 和久 TAKEDA Kazuhisa
    • NIDCD, NIH, USA, 現 東北大学医学部医学生物化学講座分子生物学分野 NIDCD, NIH, USA, Depart. Molec. Biol. and Applied Physiol., Tohoku University School of Medicine

収録刊行物

  • 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集  

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 21, 690, 1998-12-01 

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002920529
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10468414
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ