鉄筋コンクリートの曲げひび割れ部に生じる腐食の形成機構に及ぼす水セメント比の影響 THE INFLUENCE OF W/C ON CORROSION MECHANISM NEAR BENDING CRACK

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

水セメント比の相違が, 鉄筋コンクリートの曲げひび割れ部に形成される腐食の形成機構に及ぼす影響を, 実験的に検討した. 初めに, モルタルを用いた腐食促進試験を行い, 塩化物イオン浸透性および酸素透過性と腐食形態の関連を調べた. ここで用いた供試体は, 実構造物では測定不可能な鉄筋内部を流れる電流を測定するため, 7本に分割した鉄筋をモルタル内部に埋設した. さらに, 曲げひび割れ近傍に生じる, 鉄筋とモルタルの剥離部を考慮した. 最後に, 鉄筋コンクリート梁供試体を用いた腐食試験により, モルタル試験を検証した. この結果, 鉄筋コンクリートの曲げひび割れ部に生じる, 腐食の発生機構とその後の進行形態が明らかとなった.

The influence of water to cement ratio on the corrosion mechanism of steel bars embedded near a bending crack was experimentally investigated. First, early corrosion tests were syudied using mortar. Chloride ion and oxygen permeations were investigated, considering the gap between steel and concrete. The influences of those permeations on macrocell corrosion were studied. Lastly, tests on concrete specimens were conducted to confirm the results obtained from the mortar cese. Results show that the permeation near the bending crack plays a important role in corrosion behavior.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 606, 63-73, 1998-11-20

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003276542
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4613385
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ