送電用鉄塔基礎のいかり材方式による脚材定着手法に関する研究 EXPERIMENTAL STUDY ON ANCHORAGE METHOD OF FOOTING FOR POWER TRANSMISSION TOWER USING EMBEDDED STEEL ANCHOR

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

4本杭によって支持されたフーチングに, アンカー部のいかり材を介して引抜き荷重が作用した場合のせん断耐力設計法は, コンクリート標準示方書に示されている. しかしながら, 実験による検証は小型試験体に限られており, スケールの影響は必ずしも明確になっていない. また, せん断補強筋が配置された場合の効果も十分解明されているとは言えない現状にある. 本研究は, 実規模載荷試験を新たに実施するとともに, 既往の試験体についても検討を加え, スケールの影響, せん断補強筋の効果等の定量化を行うものである. 定着部材であるいかり材の挙動についても, 詳細な計測結果を基に検討を加え, 設計の合理化を試みる.

The design method of pull-out shear capacity of footing supported by four piles is shown in Standard Specification for Concrete of JSCE. However, since the specimen used for verification is generally limited to small models, the size effect on pull-out shear has not been evaluated quantitatively enough. Furthermore, the contribution of shear reinforcing bars (stirrups) to shear capacity is not also clarified enough. Therefore, in this study, pull-out tests using full scale specimens are newly carried out in addition to our previous experiments. Through these test results, we evaluate the design method of pull-out shear capacity taking account of size effect and contribution of stirrups. In addition, based on the behavior of embedded steel member as anchorage obtained from detailed measurements, we try to rationalize the design method of the steel anchor.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 606, 111-128, 1998-11-20

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003276590
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4613389
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ