湾奥水域における水-底質予測と負荷削減に伴う水質および栄養塩溶出フラックスの応答 PREDICTIONS OF WATER AND SEDIMENT QUALITY AND EFECTS OF POLLUTANT LOAD REDUCTION ON WATER QUALITY AND RELEASE RATE OF NUTRIENT FROM SEDIMENT AT BAY HEAD AREA

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

富栄養化した東京港を対象に, 水質・底質結合モデルを用いて, 水質・底質・底泥からの栄養塩溶出フラックスのシミュレーションを実施し, 実測値と照合した結果, 底泥からの栄養塩溶出フラックスの暖候期における増大など, これらの時空間変化の特性が再現された. 次に流人負荷を削減した場合に対する水質・底質・底泥からの栄養塩溶出フラックスの応答について検討した結果, 流人負荷量の減少に対して, これらは線形に減少した. この理由として, 東京港は, 河川からの流入負荷が集中し, 流入負荷の影響をいち早く受け, 滞留時間が物質の化学・生物学的な特性に影響されにくいためと考えられた. また流入負荷量の削減率に比べてこれらの減少率は小さくなり, これらは background 濃度の影響のためと判断された.

The numerical simulation was carried out for the analysis of water quality, sediment quality and release rate of nutrient from sediment at Tokyo port which is located at bay head area of Tokyo bay by the water and sediment quality model. As the results of the simulation, it was confirmed of their characteristics of seasonal and spatial variation. Next, the effect of pollutant load reduction on water quality and release rate of nutrient from sediment was analysed. As the results of the analyses, it was confirmed that the reduction rate of water quality and release rate of nutrient from sediment were smaller than that of pollutant load and the response of water quality and release rate of nutrient from sediment was linear for the pollutant load reduction.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 608, 31-47, 1998-11-20

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  30件中 1-30件 を表示

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003276718
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4613403
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ