大規模地下空洞掘削時におけるキーブロック解析 KEY BLOCK ANALYSIS DURING EXCAVATION OF UNDERGROUND ROCK CAVERN

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

岩盤掘削面において不連続面に囲まれて崩落の可能性のある岩盤を検出する手法であるキーブロック理論を, 大規模地下空洞の施工現場で適用するために, 切羽観察, キーブロック解析, 追加補強工の設計, 施工へのフィードバックに至る一連のシステムを開発した. 開発したシステムを奥多々良木増設地下発電所における発電所空洞の掘削工事において運用し, 発見されたキーブロックに対して追加補強工を実施した. その結果, キーブロック解析を用いて効果的な支保の施工を迅速に行えるので, 設計時における支保数量を低減でき, 合理的な地下空洞の設計・施工が可能であることが示された. また, 計測された岩盤の変形挙動を検討することにより, 不連続面に対する試験結果について考察を加えた.

Block Theory, which can find falling or sliding blocks by intersecting structural discontinuity, was applied for the excavation of large scale underground rock cavern. This paper proposed the procedure how to observe the excavation surface, to search key blocks and then to design support system. This method was executed during the excavation of Okutataragi underground power station, and detected key blocks were supported by shotcrete, rock bolting or rock anchor. It is shown that the proposed method based on block theory can help to reduce an amount of supporting system and to design the structures of rock cavern properly in discontinuous rock mass.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 609, 73-85, 1998-12-20

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  19件中 1-19件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003277107
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    105900
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ