プレート付アンカー鉄筋の盛土補強効果の簡易手法による予測ならびに軟弱地盤上の実盛土による検証 INVESTIGATION ON THE EFFECTIVENESS OF STEEL ANCHOR PLATE-REINFORCED EMBANKMENT OF SOFT GROUND

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

軟弱地盤上の盛土補強の目的で, 盛土体下部にプレート付アンカー鉄筋を配置した場合の効果を判定するのに, 比較的簡易な入力定数を用いて解析できる初期応力法を用いた有限要素法が有効であるのは模型盛土で検証済である. そこで, 本論文では, 実盛土にアンカー鉄筋を3段配置した試験盛土を対象とした検証を行なうとともに, アンカー鉄筋の段数や鉄筋の有無による鉄筋応力, 側方変位, 盛土の安定性の差について有限要素法で解析を行ったものである. 解析値と試験盛土結果の比較より, アンカー鉄筋には側方変位拘束効果に加えて安定性向上効果もあり, 2段の配置でも3段の配置と同様の効果が得られること等が明らかとなり, 沈下を考慮した軟弱地盤上の補強盛土の設計に簡易な有限要素法が適用できることが判明した.

Using a model embankment, finite element analyses based on initial stress method and using comparatively simple input parameters have been performed to investigate the effectiveness of steel anchor plates installed within embankments built over soft ground. This paper presents the results of the analyses made considering steel anchors placed in three layers within a test embankment. The effects with or without such steel anchors as well as the number of layers installed on the magnitude of stresses on steel anchors, the lateral movement and the stability of the embankment were analyzed using finite element method. The results showed that steel anchors not only restrained the lateral movement of the embankment but also increased its stability. Moreover, it was also observed that placing the steel anchors either in two layers or in three layers have the same effects on the embankment.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 609, 137-150, 1998-12-20

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003277189
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    105924
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ