ポリメチルメタクリレート固体表面のガラス転移温度 Glass Transition Temperature near the Solid Surface of Poly(methyl methacrylate)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

高分子固体表面部位の分子運動を評価するために, 電子スピン共鳴 (ESR) の応用を考えた. 固体ポリメチルメタクリレート (PMMA) の分子運動特性を観測するために, メタノール中でスピンラベル化を行った. この方法で得られた分子運動転移点<I>T</I><SUB>5.0mT</SUB>は, バルク (内部) の分子運動転移点<I>T</I><SUB>5.0mT</SUB>より低いことが確認され, 表面部位の分子運動を反映していると言える. この<I>T</I><SUB>5.0mT</SUB>とその時の回転緩和時間τ<SUB>ESR</SUB>とWLF式とからPMMAの表面のガラス転移温度を見積もることができ, 表面ガラス転移温度は, バルクのガラス転移温度より約30~40K低いことが確認された. これは, PMMAのセグメント鎖密度が表面とバルクでは, 異なることを示している. さらに, 表面分子運動性が, PMMAの立体規則性に強く依存することが明らかとなった. これは立体規則性が, 表面のガラス転移温度にも強く反映することを示している.

Poly (methyl methacrylate) s, (PMMA) s, were spin-labeled in methanol to study the surface molecular mobility. Transition temperature in molecular motion, <I>T</I><SUB>5.0mT</SUB>, obtained by ESR was found to be lower than that in the bulk. Glass transition temperature near the solid surface can be estimated using the ESR data and WLF equation. The glass transition temperature near the solid surface of PMMA was estimated to be approximately 30-40 K lower than that in the bulk. This fact indicates that the segmental density near the solid surface is lower than that of the bulk polymer. In addition, it was found that the molecular mobility near the solid surface depends on the tacticity of PMMA.

収録刊行物

  • 高分子論文集

    高分子論文集 53(12), 823-828, 1996-12-25

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

  • <no title>

    VEKSLI Z.

    Macromolecules 10, 686, 1977

    被引用文献2件

  • <no title>

    BULLOCK A. T.

    J. Phys. Chem. 80, 1972, 1976

    被引用文献2件

  • <no title>

    SHIOTANI M.

    Polym. J. 9, 283, 1977

    被引用文献2件

  • <no title>

    TSAY F. D.

    J. Polym. Sci., Part B, Polym. Phys. 25, 855, 1987

    被引用文献1件

  • <no title>

    TONEY M.F.

    Nature 374, 709, 1995

    被引用文献20件

  • <no title>

    MAYES A. M.

    Macromolecules 27, 3114, 1994

    被引用文献6件

  • <no title>

    KAJIYAMA T.

    Macromolecules 28, 3842, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    SAKAGUCHI M.

    J. Polym. Sci., Polym. Phys. Ed. 19, 371, 1981

    被引用文献1件

  • <no title>

    SAKAGUCHI M.

    Polymer 23, 1594

    被引用文献1件

  • <no title>

    VEKSLI Z.

    Macromolecules 8, 248, 1975

    被引用文献1件

  • <no title>

    VEKSLI Z.

    J. Polym. Sci., Symp. 54, 299, 1976

    被引用文献1件

  • <no title>

    BALTZLY R.

    J. Am. Chem. Soc. 72, 4149, 1950

    被引用文献1件

  • <no title>

    VEKSLI Z.

    Macromolecules 10, 1245, 1977

    被引用文献1件

  • <no title>

    FERRY J. D.

    "Viscoelastic Properties of Polymers", 1960

    被引用文献6件

  • <no title>

    GOLDMAN S. A.

    J. Polym. Chem. 76, 1858, 1972

    被引用文献1件

  • <no title>

    KOMOROSKI R. A.

    "High Resolution NMR Spectroscopy of Synthetic Polymer in Bulk", 1986

    被引用文献2件

  • <no title>

    和田八三久

    高分子の固体物性, 1971

    被引用文献6件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003284987
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00085011
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03862186
  • NDL 記事登録ID
    4106522
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-92
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ