示差走査熱量測定によるガラス転移温度の決定 Determination of Glass Transition Temperature by Differential Scanning Calorimetry

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 木村 悟隆 KIMURA Noritaka
    • 長岡技術科学大学工学部生物系 Department of Bioengineering, Faculty of Engineering, Nagaoka University of Technology
    • 相澤 啓佐 AIZAWA Keisuke
    • 長岡技術科学大学工学部生物系 Department of Bioengineering, Faculty of Engineering, Nagaoka University of Technology
    • 西尾 嘉之 [他] NISHIO Yoshiyuki
    • 東京農工大学工学部応用化学科 Department of Material Systems and Engineering, Faculty of Engineering, Tokyo University of Agriculture and Technology
    • 鈴木 秀松 SUZUKI Hidematsu
    • 長岡技術科学大学工学部生物系 Department of Bioengineering, Faculty of Engineering, Nagaoka University of Technology

抄録

示差走査熱量測定 (DSC) より, 高分子のガラス転移温度を正確に決定する方法はRichardson法として知られているが, この方法が実際に適用された例は限られている. このノートでは, 個々のDSC装置に合わせてプログラムを自作することなく, 市販のソフトウェアーを用いてパソコン上で, Richardson法を適用するに必要な, 一連のデータ処理を実行する方法の一例を述べる.

Although the Richardson method is known as an accurate method for determining the glass transition temperature of a polymer from its thermogram obtained by differential scanning calorimetry (DSC), the application of this method is limited in the literature. It was shown that the analysis by this method may be carried out on a personal computer with a commercially available software: it is no longer necessary to write, for this purpose, a program compatible to a particular DSC apparatus.

収録刊行物

  • 高分子論文集

    高分子論文集 53(12), 866-868, 1996-12-25

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003285148
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00085011
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03862186
  • NDL 記事登録ID
    4106529
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-92
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ