縮合多環多核芳香族系樹脂/ナイロン6系ポリマーブレンドの硬化挙動 Reaction Mechanism of Polymer Blends from Polycondensed Fused Polynuclear Aromatic Resin and Nylon 6

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

縮合多環多核芳香族系樹脂 (COPNA樹脂) / ナイロン6系ポリマーブレンドにおいて進行するグラフト反応をDSCによる熱分析法と, 比較的低温で熱処理した混合系のFT-IRおよび<SUP>1</SUP>H NMRによる分光分析法により解析した. また, グラフト反応の進行をより明確に把握するため, ε-カプロラクタムをCOPNA樹脂に添加した系と, COPNA樹脂の合成原料混合系である1,4-ベンゼンジメタノール/ナフタレン/β-ナフタレンスルホン酸系にε-カプロラクタムを添加した系に関しても調べ, 得られた結果から, COPNA樹脂/ナイロン6系ポリマーブレンドの硬化挙動を解析した. その結果, COPNA樹脂/ナイロン6系の硬化反応は, 第1段階として, 80℃以下の比較的低温で, COPNA樹脂中のベンジル型カチオンがナイロン6の主鎖を形成する2級アミンと結合するグラフト反応が進行し, 次の段階として, 100℃以上の高温でCOPNA樹脂本来の硬化反応であるベンジル型カチオンのナフタレンへの求電子反応が進行する2段階に分かれて進行することが判明した.

Graft reaction occurring in the polymer blend of the B-staged polycondensed fused polynuclear aromatic (COPNA) resin/nylon 6 system has been studied by differential scanning calorimetry (DSC), Fourier transform infrared spectroscopy (FT-IR), and nuclear magnetic resonance spectral analysis (<SUP>1</SUP>H NMR). Simple systems of COPNA/ε-caprolactam and 1, 4-benzenedirnethanol/β-naphthalene sulfuric acid/ε-caprolactam were also studied in order to analyze the behavior of the graft reaction at a comparative low temperature. From the results of the DSC, FT-IR, and <SUP>1</SUP>H NMR, it was revealed that the reaction of the B-staged COPNA resin/nylon 6 system proceeded in two steps as follows. Graft reaction between benzyl-type cations contained in the COPNA resin and secondary amino groups contained in the nylon 6 proceeded below 80°C. After the graft reaction was completed, the benzyl-type cations reacted with naphthalene as an inherent COPNA resin cross-linking reaction above 100°C.

収録刊行物

  • 高分子論文集

    高分子論文集 54(4), 255-265, 1997-04-25

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  25件中 1-25件 を表示

  • <no title>

    広恵章利

    プラスチック物性入門, 第3章-第5章, 1986

    被引用文献1件

  • <no title>

    桜内雄二郎

    プラスチック材料読本 第5章, 1989

    被引用文献1件

  • <no title>

    KNOP A.

    Phenolic Resins Chapter 2,Chapter 3,Chapter 14, 1985

    被引用文献1件

  • <no title>

    新保正樹

    エポキシ樹脂ハンドブック 第4章,第5章, 1987

    被引用文献1件

  • <no title>

    Toray and Dupont

    "Kapton Films" Technical Paper, 1990

    被引用文献1件

  • <no title>

    NAWA K.

    Circuit World 22, 4,16, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    NAWA K.

    "Proceedings of International Conference on Electronic Assembly" IPC-TP-1097, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    NAWA K.

    J. Appl. Polym. Sci. 61, 1737, 1996

    被引用文献3件

  • <no title>

    那和一成

    第45回熱硬化性樹脂討論会予稿集 73, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    NAWA K.

    J. Appl. Polym. Sci. 63, 549, 1997

    被引用文献2件

  • <no title>

    高分子学会編

    高性能ポリマーアロイ 第7章, 1991

    被引用文献1件

  • <no title>

    高分子学会編

    ポリマーアロイ 第5章, 1981

    被引用文献1件

  • <no title>

    井上隆

    ポリマーアロイ, 1988

    被引用文献8件

  • <no title>

    越智光一

    第45回高分子学会予稿集 45(9), 2195, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    福本修

    ポリアミド樹脂ハンドブック 第10章, 1988

    被引用文献1件

  • <no title>

    井上隆

    高分子 45, 447, 1996

    被引用文献5件

  • <no title>

    井手文雄

    高分子化学 29, 259, 1972

    被引用文献2件

  • <no title>

    MATUSCELLI E.

    Polym. Eng. Sci. 24, 563, 1984

    被引用文献1件

  • <no title>

    OKAMOTO M.

    Polym. Eng. Sci. 33, 175, 1993

    被引用文献5件

  • <no title>

    西尾太一

    高分子論文集 47, 331, 1990

    被引用文献5件

  • <no title>

    佐藤三喜

    高分子論文集 47, 4,287, 1990

    被引用文献1件

  • <no title>

    SILVERSTEIN R. M.

    Spectrometric Identification of Organic Compounds Chapter 3, 1981

    被引用文献1件

  • <no title>

    NAWA K.

    IEEE Trans. on Components, Packaging and Manufacturing Technology B18(4), 691, 1995

    DOI 被引用文献1件

  • <no title>

    NAWA K.

    IEEE Trans. on Components, Packaging and Manufacturing Technology B19(3), 585, 1996

    DOI 被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003285871
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00085011
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03862186
  • NDL 記事登録ID
    4194189
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-92
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ