ポリエステルポリアミドブロック共重合体の合成と物性 Synthesis and Properties of Polyester-Polyamide Block Copolymers

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 米澤 光治 YONEZAWA Koji
    • 積水化学(株)水無瀬研究所 Advanced Polymer Technology Center, Minase Research Institute, Sekisui Chemical Co., Ltd.
    • 森田 健晴 MORITA Takeharu
    • 積水化学(株)水無瀬研究所 Advanced Polymer Technology Center, Minase Research Institute, Sekisui Chemical Co., Ltd.
    • 仁木 章博 NIKI Akihiro
    • 積水化学(株)水無瀬研究所 Advanced Polymer Technology Center, Minase Research Institute, Sekisui Chemical Co., Ltd.

抄録

ポリエステルポリアミド共重合体を, アジピン酸や1, 4-ブタンジオールなどのエステル構成成分とナイロン6から合成しその物性を調べた. 本合成反応はエステル化反応と重縮合反応の2段階からなる. エステル化反応時にはナイロン6の分子量低下およびアジピン酸へのジオール成分の付加物の生成がみられ, その後の重縮合反応によりポリマーが得られた. これらの共重合体のDSC測定では, 脂肪族ポリエステルの<I>T</I><SUB>g</SUB>に由来すると考えられるピークがみられ, さらに200℃付近にポリアミド結晶に由来すると考えられる融解ピークが観察された. また, 粘弾性試験において, 本共重合体は幅広いゴム状平坦領域を有することが分かった. これらの結果から, 本共重合体ではブロック性が保持されており, ポリアミド結晶が物理的架橋を形成していることが示唆された. また, 力学物性を測定したところ, 引張強度, 破断伸びにおいて優れたエラストマーであることが分かった.

Polyester-polyamide block copolymers were synthesized from nylon 6 and polyester components (adipic acid and 1, 4-butanediol). The synthesis proceeded in two steps, esterification (1st step) and polymerization (2nd step). The molecular weight of nylon 6 reduced, and adducts of the diol to adipic acid were produced in esterification (1st step). Copolymers were formed in the 2nd step. In DSC measurements, peaks corresponding to <I>T</I><SUB>g</SUB> of polyester and <I>T</I><SUB>m</SUB> of polyamide at about 200°C were observed. These copolymers showed a wide rubbery plateau in the viscoelastic test. These results suggest the existence of polyamide block and the formation of physical cross-link. Consequently these copolymers were elastomers which showed high tensile properties.

収録刊行物

  • 高分子論文集

    高分子論文集 54(4), 266-271, 1997-04-25

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

  • <no title>

    LEGGE N. R.

    Thermoplastic Elastomers, 1987

    被引用文献5件

  • <no title>

    MORTON M.

    Anionic Polymerization; Principles and Practice, 1983

    被引用文献4件

  • <no title>

    MIYAMOTO T.

    J. Polym. Sci., A 2(8), 2095, 1970

    被引用文献1件

  • <no title>

    ANGELO R. J.

    Polymer 6, 141, 1965

    被引用文献1件

  • <no title>

    KAELBLE D. H.

    Trans. Soc. Rheol. 15, 235, 1971

    被引用文献1件

  • <no title>

    熱可塑性エラストマー 209, 1991

    被引用文献1件

  • <no title>

    インペリアル ケミカル インダストリイズ リミッテッド

    特公昭46-2268

    被引用文献1件

  • <no title>

    van KREVELEN D. W.

    Properties of Polymers. Correlations with Chemical Structure Chapters 7,9,26, 1990

    被引用文献1件

  • <no title>

    湯木和男

    飽和ポリエステル樹脂ハンドブック 10, 1989

    被引用文献1件

  • <no title>

    TODOKI M.

    J. Polym. Sci., Polym. Phys. Ed. 15, 1067, 1977

    被引用文献5件

  • <no title>

    LAL J.

    J. Polym. Sci. 50, 13, 1961

    被引用文献1件

  • <no title>

    CAROTHERS W. H.

    Chem. Rev. 8, 353, 1931

    被引用文献2件

  • <no title>

    ILLERS H. K.

    Makromol. Chem. 158, 285, 1972

    DOI 被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003285897
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00085011
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03862186
  • NDL 記事登録ID
    4194190
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-92
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ