高分子物理ゲルの微視的構造不均一性 Static Inhomogeneities in Thermoreversible Gels

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 一階 文良 IKKAI Fumiyoshi
    • 京都工芸繊維大学繊維学部高分子化学物理研究室 Department of Polymer Science and Engineering, Kyoto Institute of Technology
    • 柴山 充弘 SHIBAYAMA Mitsuhiro
    • 京都工芸繊維大学繊維学部高分子化学物理研究室 Department of Polymer Science and Engineering, Kyoto Institute of Technology

抄録

光散乱法を用いて, 高分子物理ゲルのゲル状態とゾル状態での微視的構造不均一性の変化を調べた. 試料には, 約45℃でゾルーゲル相転移を示す, ポリビニルアルコールとコンゴーレッドからなる物理架橋ゲルを用いた. 散乱強度の変化により構造不均一性を議論した結果, ゲルでの散乱強度のスペックルパターンはゾルに比べて, その揺らぎの振幅が著しく大きく, 構造不均一性が増していることがわかった. ゲルとゾルは同濃度の試料であり, また架橋点の形成が可逆的な平衡反応であることから, この散乱強度の増大は架橋密度の空間分布の粗密によるものではなく, 架橋点の形成による構造凍結 (制限エルゴード性の導入) によってもたらされることが明らかとなった.

The effect of cross-linking on static inhomogeneities in a thermoreversible polymer gel was investigated by light scattering. Speckle patterns of poly (vinyl alcohol) -Congo Red ion complexes in an aqueous solution were measured at a temperature range between 20 and 60°C. The system changed from the gel state to the sol state in the vicinity of 45°C. An interesting feature was disclosed; the formation of gel leads to a remarkable increase in the spatial fluctuations of scattered intensity (<I>I</I> (<I>q</I>)). By comparing these results with those for a chemically cross-linked gel, it was concluded that the increase in <I>I</I> (<I>q</I>) is solely due to the restricted ergodicity of gels as a result of introducing cross-links to the system.

収録刊行物

  • 高分子論文集

    高分子論文集 55(10), 632-636, 1998-10-25

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

  • <no title>

    SHIBAYAMA M.

    J. Chem. Phys. 97, 6842, 1992

    被引用文献8件

  • <no title>

    MALLAM S.

    Macromolecules 22, 3356, 1989

    被引用文献5件

  • <no title>

    COHEN Y.

    J. Polym. Sci., Polym. Phys. Ed. 30, 1055, 1992

    被引用文献1件

  • <no title>

    中野藤生

    エルゴード性とは何か-パリティ物理学コース クローズアップ-, 1994

    被引用文献1件

  • <no title>

    SHIBAYAMA M.

    Macromol. Chem. Phys. 199, 1, 1998

    被引用文献8件

  • <no title>

    DE GENNES P-G.

    Scaling Concepts in Polymer Physics, 1979

    被引用文献68件

  • <no title>

    ONUKI A.

    J. Phys, II 2, 45, 1992

    被引用文献1件

  • <no title>

    SHIBAYAMA M.

    Macromolecules 29, 8746, 1996

    被引用文献6件

  • <no title>

    IKKAI F.

    56, R51, 1997

    被引用文献1件

  • <no title>

    SHIBAYAMA M.

    J. Chem. Phys. 107, 5227, 1997

    被引用文献4件

  • <no title>

    SHIBAYAMA M.

    Macromolecules 27, 1738, 1994

    被引用文献3件

  • <no title>

    SHIBAYAMA M.

    Macromolecules 27, 6383, 1994

    被引用文献2件

  • <no title>

    VICKERSTAFF T.

    The Physical Chemistry of Dying, 2nd ed., 1954

    被引用文献1件

  • <no title>

    JOOSTEN J. G. H.

    Macromolecules 24, 6690, 1991

    被引用文献5件

  • <no title>

    RABIN Y.

    Macromolecules 30, 301, 1997

    被引用文献2件

  • <no title>

    SCHOSSELER F.

    J. Phys. 1, 1197, 1991

    DOI 被引用文献1件

  • <no title>

    IKKAI F.

    Macromolecules 31, 3275, 1998

    DOI 被引用文献2件

  • <no title>

    FANG L.

    Macromolecules 25, 6897, 1992

    DOI 被引用文献2件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003289618
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00085011
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03862186
  • NDL 記事登録ID
    4589402
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-92
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ