刺激応答伸縮性ゲルを用いた微孔性セルロース膜のチャンネルゲーティング Channel-Gating of Micro-Porous Cellulose Membranes with Stimulation Responsive Expandable and Shrinkable Gels

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

刺激に応答して伸縮する高分子ゲル層を多孔性セルロース膜の空孔内に形成させ, 物質透過・放出制御のチャンネルゲートとして利用することを検討した. アクリル酸系モノマーをセルロース膜に塗布して光重合させ, 媒液のpHを酸性とアルカリ性に変化させると, メチレンブルー (モデル物質) の透過性は, 酸性では著しく促進され, アルカリ性では抑制された. ゲルにグルコースオキシダーゼを固定化すると, メチレンブルーの透過性はグルコースを添加するたびに増大した. また, アクリル酸-アクリルアミド共重合体をゲートにした膜では, 物質透過性は50%メタノール水溶液中で増大し, 純水中で抑制された. これらの結果から, セルロース膜のように屈曲した空孔構造をもった基材でも, レーザーなどで穿孔した垂直貫通型空孔の基材と同様に, 刺激応答性ゲルのチャンネルゲート機能が発現されることがわかった.

A stimulation responsive polymer gel was applied to channel gating for substance transmission and release through a cellulose membrane. Monomers such as acrylic acid and acrylamide were coated and polymerized on a micro-porous cellulose for this purpose. The resulting membrane showed the pH responsive transmission of methylene blue as a model substance. The membrane with the immobilized glucose oxidase in the gel gate showed promoted transmission of methylene blue with the additions of glucose. Methanol concentration responsive transmission was also observed in the membrane. Those results proved that a cellulosic membrane with bending pore structure also realizes a stimulus-responsive gating function.

収録刊行物

  • 高分子論文集

    高分子論文集 55(10), 666-669, 1998-10-25

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003289701
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00085011
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03862186
  • NDL 記事登録ID
    4589407
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-92
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ