測地衛星あじさいの熱摂動モデル-地球による加熱- Earth-heating effect on Ajisai

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 測地衛星あじさいの表面は地球からの赤外輻射により加熱され,自らも熱輻射を放出しているが,その反動によってあじさいの自転軸方向に加速度を生じる.この加速度により衛星の進行方向に一定の加速度が生まれ,軌道要素に永年摂動をもたらす.あじさいの自転軸が地球の自転軸と一致すると,長周期摂動は起こらない.この地球からの熱に起因する熱摂動のため,あじさいの軌動半径は毎年1.7mの割合で減少する.これは,太陽活動が低い時期の大気抵抗による効果の50%にあたる.軌動傾斜角は毎年19ミリ秒ずつ減少するが,離心率と近地点引数には永年摂動は現れない.

The temperature asymmetry on the geodetic satellite Ajisai caused by the infrared radiation of the Earth produces a force along the satellite spin axis direction. This thermal thrust gives rise to an along-track acceleration and produces secular perturbations in the orbit elements, but no long-periodic perturbations exist if the spin axis of Ajisai is aligned with the Earth's rotation axis. The semi-major axis of the Ajisai orbit decays 1.7 m per year due to the Earth-heating effect, which is 50% of the drag effects experienced during the periods of low solar activity. The secular perturbation in inclination of -19 milli arc seconds per year is found but there is no secular perturbation in the eccentricity vector when the order of eccentricity is ignored.

収録刊行物

  • 測地学会誌

    測地学会誌 42(1), 15-27, 1996-03-25

    The Geodetic Society of Japan

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003709625
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00134900
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00380830
  • NDL 記事登録ID
    3946214
  • NDL 雑誌分類
    ZM41(科学技術--地球科学)
  • NDL 請求記号
    Z15-161
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ