アゾおよびアゾメチン化合物を配位子とするチタンキレート錯体の合成と熱分解 Systhesis and Thermal Decomposition of Titanium Chelates Having Azo or Azomethine Ligand

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 阿部 芳首 ABE Yoshimoto
    • 東京理科大学理工学部工業化学科 Department of Industrial Chemistry, Faculty of Science and Technology, Science University of Tokyo
    • 鈴木 康弘 SUZUKI Yasuhiro
    • 東京理科大学理工学部工業化学科 Department of Industrial Chemistry, Faculty of Science and Technology, Science University of Tokyo
    • 郡司 天博 [他] GUNJI Takahiro
    • 東京理科大学理工学部工業化学科 Department of Industrial Chemistry, Faculty of Science and Technology, Science University of Tokyo
    • 広沢 景 HIROSAWA Kei
    • 東京理科大学理工学部工業化学科 Department of Industrial Chemistry, Faculty of Science and Technology, Science University of Tokyo
    • 長尾 幸徳 NAGAO Yukinori
    • 東京理科大学理工学部工業化学科 Department of Industrial Chemistry, Faculty of Science and Technology, Science University of Tokyo
    • 御園生 堯久 MISONO Takahisa
    • 東京理科大学理工学部工業化学科 Department of Industrial Chemistry, Faculty of Science and Technology, Science University of Tokyo

抄録

新規な反応性錯体化合物として, アゾおよびアゾメチン化合物を配位子とする2-ヒドロキシ型チタンキレート錯体の合成とその熱分解を検討した。<BR>チタンテトライソプロポキシドは2当量の2-ヒドロキシアゾおよびアゾメチン化合物と定量的に反応し, チタンキレート錯体を生成した。これら錯体は, 分解点が102~115℃で熱安定性が低く, また容易に加水分解した。これらの性質は, これまでに報告している2, 2'-ジヒドロキシアゾおよびアゾメチン化合物を配位子とするキレート錯体がきわあて高い熱安定性と加水分解安定性を有しているのとは著しく異なっている。本実験で得られたキレート錯体を減圧下で熱分解した結果, 揮発成分として2-プロパノールとアセトンが生成し, 一方残渣として黒色の固体が得られた。この固体をTHFとヘキサン (1 : 10 (V/V)) で再沈殿して単離した熱分解生成物は, 配位子とチタンを構成成分とする分子量Mw2000~3700のポリマーであることがわかった。

Titanium chelates with the ligand of 2-hydroxyazo or azomethine compounds were synthesized and their properties and thermal decomposition were investigated. The reaction of titanium tetraisopropoxide with two equivalent moles of 2-hydroxyazo or azomethine compound in benzene gave titanium chelates in quantitative yields. Titanium chelates had a low decomposition temperature of 102-115°C. The thermal decomposition of the chelate at 160-180°C under 3mmHg formed volatile components and residual solids. After reprecipitation, the solids were revealed to be titanium-containing polymers with molecular weight of 2000-3700.

収録刊行物

  • 色材協會誌

    色材協會誌 70(10), 643-649, 1997-10

    一般社団法人 色材協会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003730082
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354634
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0010180X
  • NDL 記事登録ID
    4324172
  • NDL 雑誌分類
    ZP23(科学技術--化学・化学工業--染料・顔料・塗料)
  • NDL 請求記号
    Z17-211
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ