γ一リン酸ジルコニウムヘの有機リン酸エステルおよび光学活性アミンのインターカレーション Intercalation of Organic Phosphates and Chiral Amines into γ-Zirconium Phosphates

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

無機層状化合物γ-リン酸ジルコニウム (ZrP) への有機リン酸エステルおよび光学活性アミンのインターカレーションについて検討した。<BR>その結果, インターカレーション化合物の層間距離と有機リン酸エステルの炭素数との間には直線関係が成立し, その勾配は1.56で, 有機リン酸基がZrPの層問に38°の傾きでbilayer構造をとることが判明した。<BR>有機リン酸エステルC<SUB>7</SUB>H<SUB>15</SUB>OPOH<SUB>2</SUB>の仕込量を変化させてインターカレーション化合物の合成を行ったところ, C<SUB>7</SUB>H<SUB>15</SUB>OPO<SUB>3</SUB>H<SUB>2</SUB>の仕込量が250mmol/L以上で, 層間距離およびアミンと有機リン酸基の含有量比が一定値となった。このことは, C<SUB>7</SUB>H<SUB>15</SUB>OPO<SUB>3</SUB>H<SUB>2</SUB>の仕込量が250mmol/L以上になると, ZrP層間へ有機リン酸基およびアミンが一定の割合いでインターカレートされることを示しており, 規則的な不斉層間場が形成されていることが判明した。

Intercalation of organic phosphates and chiral amines into layered γ -zirconium phosphate, Zr (HPO<SUB>4</SUB>) <SUB>2</SUB>·2 H<SUB>2</SUB>O (abbreviated ZrP), was examined by XRD, elemental analysis, and TG.<BR>A linear relationship was recognized between carbon numbers of alkyl group and the basal spacing of intercalation compounds. The slope of the straight line was determined to be 1. 56, from which a tilting angle was calculated to be 38°, indicating the formation of bilayers of organic phosphate in the ZrP layer.<BR>Basal spacing and content of amine and organic phosphate of the intercalation compound were held constant over 250mmol/the organic phosphate was 250mmol/L or more. These results suggested that both the organic phosphate and chiral amine were intercalated into ZrP a at constant ratio and also that regular chiral intercalation compound was formed.

収録刊行物

  • 色材協會誌

    色材協會誌 71(1), 8-15, 1998-01-20

    一般社団法人 色材協会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

  • <no title>

    WU J.

    Chem. Mater. 5, 835, 1993

    被引用文献5件

  • <no title>

    IWAI M.

    Chem. Lett. 1993, 403

    被引用文献2件

  • <no title>

    CLEARFIELD A.

    J. Inorg. Nucl. Chem. 30, 2249, 1968

    被引用文献3件

  • <no title>

    ALBERTSSON J.

    J. Phys. Chem. 81, 1574, 1977

    被引用文献2件

  • <no title>

    YAMANAKA S.

    Inorg. Chem. 15, 2811, 1976

    被引用文献6件

  • ピリドキサール修飾γ-リン酸ジルコニウムの合成と応用

    郭 玉剛 , 藤井 孝宜 , 伊藤 征司郎 , 吉原 正邦 , 前嶋 俊壽

    色材協會誌 66(11), 643-648, 1993-11-20

    J-STAGE 参考文献7件 被引用文献1件

  • <no title>

    NELSON A. K.

    U. S. Patent, 3 146 255, 1949

    被引用文献1件

  • <no title>

    YAMANAKA S.

    J. Inorg. Nucl. Chem. 43, 1343, 1981

    被引用文献4件

  • <no title>

    BENEKE K.

    Inorg. Chem. 26, 2537, 1987

    被引用文献2件

  • <no title>

    COSTANTINO U.

    J. Inorg. Nucl. Chem. 43, 1895, 1981

    被引用文献6件

  • <no title>

    COLONNA S.

    J. Chem. Soc., Perkin I. 1981, 547

    被引用文献2件

  • <no title>

    LEE J. F.

    J. Chem. Soc., Faraday Trans. 1 85, 2953, 1989

    DOI 被引用文献7件

  • <no title>

    TINDWA R. M.

    J. Chem. Soc., Faraday Trans. 1 81, 545, 1985

    DOI 被引用文献6件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003730624
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354634
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0010180X
  • NDL 記事登録ID
    4380585
  • NDL 雑誌分類
    ZP23(科学技術--化学・化学工業--染料・顔料・塗料)
  • NDL 請求記号
    Z17-211
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ