金属フタロシアニン誘導体固定型酸化還元樹脂の開発 Development of Metal Phthalocyanine Derivatives Fixed Redox Resin

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 大野 映子 OHNO Eiko
    • 日本大学生産工学部工業化学科 Department of Industrial Chemistry, College of Industrial Technology, Nihon University
    • 坂本 恵一 SAKAMOTO Keiichi
    • 日本大学生産工学部工業化学科 Department of Industrial Chemistry, College of Industrial Technology, Nihon University

抄録

金属フタロシアニンの酸化還元特性を有効に利用するために, 金属フタロシアニン誘導体固定型酸化還元樹脂を新規に作成した。<BR>新規の金属フタロシアニン誘導体固定型酸化還元樹脂は担体として陰イオン交換樹脂であるスチレンージビニルベンゼンのコポリマーに金属フタロシアニン誘導体である金属フタロシアニンテトラスルホン酸を固定させたものである。<BR>金属フタロシアニン誘導体の陰イオン交換樹脂への固定は化学吸着および物理吸着の双方を備えたFreundlich型の吸着特性を有していることがわかった。<BR>金属フタロシアニン誘導体固定型酸化還元樹脂の酸化還元特性は過酸化水素の分解反応により検討した。過酸化水素の分解反応は, 金属フタロシアニン誘導体固定型酸化還元樹脂の中心金属が鉄のとき反応がすばやく進行し, 銅および亜鉛では反応時間に比例して進行し, コバルトでは抑制する働きが見られた。金属フタロシアニン誘導体固定型酸化還元樹脂では, 金属フタロシアニン誘導体を固定化しても酸化還元機能を保持していた。

Metal phthalocyanine derivatives exhibit highly redox properties. However, there are few reports on practical applications using their redox ability. The purpose of this study is the utilization of the redox properties of metal phthalocyanine derivatives. To achieve the purpose, we prepared redox resins which synthesized metal phthalocyanine tetrasulfonic acids were fixed onto ion-exchange resins. Fixation of metal phthalocyanine tetrasulfonic acids onto ion-exchange resin was found to be the Freundlich type. The redox ability of the resins were examined in the reaction between metal phthalocyanine tetrasulfonic acid fixed ion-exchange resin and hydrogen, peroxide. The ability we found to be different depending on the central metal in metal phthalocyanine tetrasulfonic acid.

収録刊行物

  • 色材協會誌

    色材協會誌 71(2), 83-90, 1998-02-20

    一般社団法人 色材協会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

  • <no title>

    MOSER F. H.

    The Phthalocyanines 1, 1983

    被引用文献2件

  • <no title>

    COOK M. J.

    J. Chem. Soc. Chem. Commun. 1995, 1715

    被引用文献2件

  • <no title>

    LEZONOFF C. C.

    Phthalocyanine Properties and Application 4, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    大野映子

    日化 1995, 730

    被引用文献2件

  • <no title>

    SAKAMOTO K.

    J. Soc. Dyers Colour 112, 368, 1996

    被引用文献2件

  • <no title>

    SAKAMOTO K.

    Prog. Org. Coat 31, 139, 1997

    被引用文献2件

  • <no title>

    大野映子

    日化 1997, 58

    被引用文献1件

  • <no title>

    WITEMORE F. C.

    J. Am. Chem. Soc. 51, 856, 1941

    被引用文献1件

  • <no title>

    SAKAMOTO K.

    Dyes Pigm. 35, 375, 1997

    被引用文献3件

  • <no title>

    ROLLMAN L. D.

    J. Am, Chem Soc. 90, 1455, 1968

    被引用文献1件

  • <no title>

    CLACK D. W.

    Inorg. Chim. Acta 19, 133, 1976

    被引用文献1件

  • <no title>

    LEVER A. P. B.

    Adv. Chem. Ser. 201, 237, 1982

    被引用文献2件

  • <no title>

    ORIHARA Y.

    Bull. Chem. Soc. Jpn. 60, 3731, 1987

    被引用文献2件

  • <no title>

    LEXA D.

    J. Chem. Phys. 71, 511, 1974

    被引用文献6件

  • <no title>

    WOLBERG A.

    J. Am. Chem. Soc. 92, 2982, 1970

    被引用文献12件

  • <no title>

    SAKAMOTO K.

    Shikizai Kyokaishi 68, 67, 1995

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003730771
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354634
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0010180X
  • NDL 記事登録ID
    4402976
  • NDL 雑誌分類
    ZP23(科学技術--化学・化学工業--染料・顔料・塗料)
  • NDL 請求記号
    Z17-211
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ