皮革の低温フルオロカーボンガスプラズマ処理とかび抵抗性 Low Temperature Fluorocarbon Gas Plasma Treatment and Fungal Resistance on Leather

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 安藤 博美 ANDO H.
    • 兵庫県立工業技術センター皮革工業指導所 Technical Center for Leather, Hyogo Prefectural Institute Of Industrial Research
    • 桑田 実 [他] KUWATA M.
    • 兵庫県立工業技術センター皮革工業指導所 Technical Center for Leather, Hyogo Prefectural Institute Of Industrial Research
    • 佐伯 靖 SAEKI Y.
    • 兵庫県立工業技術センター皮革工業指導所 Technical Center for Leather, Hyogo Prefectural Institute Of Industrial Research
    • 水谷 茂章 MIZUTANI M.
    • 兵庫県立工業技術センター皮革工業指導所 Technical Center for Leather, Hyogo Prefectural Institute Of Industrial Research
    • 杉田 正見 SUGITA M.
    • 兵庫県立工業技術センター皮革工業指導所 Technical Center for Leather, Hyogo Prefectural Institute Of Industrial Research

抄録

フルオロカーボンガス低温プラズマ処理に関する研究は合成高分子のフィルムおよび繊維等について広く行われている。本研究において, 皮革の機能化を目的とし, テトラフルオロメタン (CF<SUB>4</SUB>), ヘキサフルオロエタン (C<SUB>2</SUB>F<SUB>6</SUB>) およびパーフルオロプロパン (C<SUB>3</SUB>F<SUB>8</SUB>) を用い, 低温プラズマ処理について検討を行った。プラズマ処理皮革表面のXPSおよびFT-IR分析, 皮革中のフッ素量の比色定量分析を行った。さらに, 水抽出試験前後の皮革中のフッ素量を測定した。その結果, プラズマ処理皮革表面にフッ化炭素重合体が見られ, プラズマ処理時間の増加とともに皮革中のフッ素量も増加した。また, 皮革中のフッ素量はフルオロカーボンガスの種類により異なる層別分布を生じた。水抽出試験によりフッ素の脱離が生じ, CF<SUB>4</SUB>は抽出時間の増加とともに漸次減少したが, C<SUB>2</SUB>F<SUB>6</SUB>およびC<SUB>3</SUB>F<SUB>8</SUB>は25~50時間後にほぼ安定した。また, 水抽出試験前後の各フルオロカーボンガスプラズマ処理皮革ともに未処理皮革に比べかび抵抗性が向上した。

For a functionalization of leather, low temperature plasma treatment for leather was carried out with tetrafluoromethane (CF<SUB>4</SUB>), hexafluoroethane (C<SUB>2</SUB>F<SUB>6</SUB>) and perfluoropropane (C<SUB>3</SUB>F<SUB>8</SUB>). Plasma-treated leather surfaces were analyzed with XPS and FT-IR and the quantitative analysis of fluorine content in leather was done by a colorimetry. Fluorine content was also measured in leather and in extracted water after the water extraction test. In those analysis, fluorocarbon polymer was detected on leather surface treated with each fluorocarbon gas plasma.<BR>The fluorine content in leather increased with plasma treatment time, and the distribution of fluorine content in leather varied with fluorocarbon gas. In the water extraction test, the fluorine content in CF<SUB>4</SUB> treated leather decreased gradually with extraction time, but the decrease stopped after 25-50h of the extraction for C<SUB>2</SUB>F<SUB>6</SUB> and C<SUB>3</SUB>F<SUB>8</SUB> treated leather. The fungal resistance was increased in all fluorocarbon plasma treated leather even after the water extraction test.

収録刊行物

  • 色材協會誌

    色材協會誌 71(2), 91-99, 1998-02-20

    一般社団法人 色材協会

参考文献:  28件中 1-28件 を表示

  • <no title>

    稲垣訓宏

    表面 28, 791, 1990

    被引用文献1件

  • <no title>

    稲垣訓宏

    表面 30, 249, 1992

    被引用文献1件

  • <no title>

    IRIYAMA Y.

    J. Appl. Polym. Sci 39, 249, 1990

    被引用文献4件

  • <no title>

    JANCI V.

    Polym. Mater. 5, 1, 1988

    被引用文献1件

  • <no title>

    SMEJKAL P.

    Kozartvi 34, 23, 1984

    被引用文献1件

  • <no title>

    SMEJKAL P.

    Kozartvi 32, 146, 1982

    被引用文献1件

  • <no title>

    日本皮革技術協会

    皮革科学 18, 1992

    被引用文献1件

  • <no title>

    (株)日本タンナーズ協会

    皮革工業 39, 1994

    被引用文献1件

  • <no title>

    中村蔚

    皮革科学 42, 155, 1996

    被引用文献2件

  • <no title>

    RAJAKUMAR G. S.

    Leder 39, 26, 1988

    被引用文献1件

  • <no title>

    RAJAKUMAR G. S.

    Leder 40, 24, 1989

    被引用文献1件

  • <no title>

    BUGBY A.

    J. Soc. Leather Technol. Chem. 71, 138, 1987

    被引用文献1件

  • <no title>

    PRENTISS W. C.

    J. Am. Leather Chem. Assoc. 74, 322, 1979

    被引用文献1件

  • <no title>

    DEREN J. M. V.

    J. Am. Leather Chem. Assoc. 73, 498, 1978

    被引用文献1件

  • <no title>

    有機微量分析研究懇談会

    有機微量分析 394, 1959

    被引用文献1件

  • <no title>

    HAQUE Y.

    J. Appl. Polym. Sci. 32, 469, 1986

    被引用文献1件

  • <no title>

    WAKIDA T.

    Text. Res. J 63, 433, 1993

    被引用文献4件

  • <no title>

    WAKIDA T.

    Text. Res. J 63, 433, 1993

    被引用文献4件

  • <no title>

    NAKAJIMA K.

    J. Appl. Polym. Sci. 23, 2627, 1979

    被引用文献4件

  • <no title>

    CLARK D. T.

    J. Polym. Sci., Polym. Chem. Ed. 13, 857, 1975

    被引用文献2件

  • Plasma Polymerization

    SHEN M.

    ACS Symposium Series 108 147, 1979

    被引用文献1件

  • <no title>

    高田俊成

    高分子論文集 47,549, 1990

    被引用文献1件

  • <no title>

    (株)日本分析化学会

    高分子分析ハンドブック 294, 1989

    被引用文献1件

  • <no title>

    INAGAKI N.

    Polym. Bull. 9, 502, 1983

    被引用文献1件

  • <no title>

    KATAOKA S.

    Chem. Express 16, 73, 1991

    被引用文献1件

  • <no title>

    西川昭文

    繊学誌 50, 274, 1994

    被引用文献3件

  • <no title>

    SMOLINSKY G.

    J. Appl. Phys. 50, 4982, 1979

    DOI 被引用文献3件

  • <no title>

    TRUESDALE E. A.

    J. Appl. Phys. 50(11), 6594, 1979

    DOI 被引用文献4件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003730788
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354634
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0010180X
  • NDL 記事登録ID
    4402977
  • NDL 雑誌分類
    ZP23(科学技術--化学・化学工業--染料・顔料・塗料)
  • NDL 請求記号
    Z17-211
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ