吸水性ポリマーのカプセル化とその諸特性 Encapsulation of Water-Absorbent Polymer and Their Characteristics

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 三浦 賢治 MIURA Kenji
    • 新潟大学工学部化学システム工学料 Department of Chemical Engineering, Faculty of Engineering, Niigata University
    • 斎藤 夏風 SAITO Natsukaze
    • 新潟大学工学部化学システム工学料 Department of Chemical Engineering, Faculty of Engineering, Niigata University
    • 田中 真人 TANAKA Masato
    • 新潟大学工学部化学システム工学料 Department of Chemical Engineering, Faculty of Engineering, Niigata University

抄録

蓄熱剤としての応用を念頭に置き, 液中乾燥法を採用して吸水性ポリマー (アクリル酸系ポリマー) のポリスチレン (PS) によるカプセル化を試みた。調製したカプセルの壁は, 微細孔を有し, PS濃度が増加するに伴い, 破壊強度が減少すること, また, 破壊強度にはカプセルの壁厚, 粒径などが依存していることなどが確認できた。吸水したカプセルの蓄熱特性として, 過冷却を生じることが分かった。

For the purpose of an application as heat-storage materials, a water-absorbent polymer was encapsulated with polystyrene (PS) by the drying-in-liquid method. Many tiny pores were observed in the wall of the capsules prepared. It was found that the mechanical strength of the capsules decreased with PS concentration and was dependent on the thickness of the wall and the capsule diameter. The capsules were also found to show supercooling phenomenon that is a the heat-storage characteristic.

収録刊行物

  • 色材協會誌

    色材協會誌 71(5), 291-296, 1998-05-20

    一般社団法人 色材協会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

  • <no title>

    田中真人

    色材 64, 140, 1991

    被引用文献1件

  • <no title>

    増田房義

    有機高分子ゲル〔季刊化学総説 No. 8〕, 57-58, 1990

    被引用文献1件

  • <no title>

    近藤保

    マイクロカプセル, 13-16, 1985

    被引用文献3件

  • <no title>

    増田房義

    高吸水性ポリマー, 51-53, 1987

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003731206
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354634
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0010180X
  • NDL 記事登録ID
    4470579
  • NDL 雑誌分類
    ZP23(科学技術--化学・化学工業--染料・顔料・塗料)
  • NDL 請求記号
    Z17-211
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ