スルホローダミンBより導かれる反応染料の合成と性質 Synthesis and Properties of Reactive Dyes Derived from Sulforhodamine B

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 許 英梅 XU Yingmei
    • 中国大連理工大学 精細化工国家重点実験室 State Key Laboratory of Fine Chemicals
    • 呉 祖望 WU Zuwang
    • 中国大連理工大学 精細化工国家重点実験室 State Key Laboratory of Fine Chemicals

抄録

Sulforhodamine B (C. I. Acid Red 52) を原料とし, クロロスルホン化後, アミノ化を経由することにより, 3番目のベンゼン環上に反応基 (ジクロロトリアジン基), β-ヒドロキシ・エチルスルポニル硫酸エステル基, β- (N-メチルタウリル) ・エチルスルホン基を導入して, 一連のキサンテン系反応染料を合成した。得られた染料は母体染料Sulforhodamine Bと比較すると, その溶液の吸収極大波長は深色的であり, 絹糸繊維上でSulforhodamine Bと比較して, 少し紫よりであり, 染着率と反応率は割合高く, 洗濯堅牢度は4-5級になり, 割合高い鮮明さと洗濯堅牢度を備え, 性能の優れた反応染料であることがわかった。また, Sulforhodamine Bのクロロスルホン化物より, スルポニルメチルアミン化物 (N<SUB>1</SUB>N<SUB>2</SUB>) の構造よりSulforhodamine Bのクロロスルホン化物および合成染料の構造を推定した。

A series of xanthene-type reactive dyes having dichlorotriazine or sulfoethylsulfonyl group was synthesized by chlorosulfonation and amination of Sulforhodamine B (C. I. Acid Red 52).<BR>Compared with Sulforhodamine B, absorption spectra for the solutions of the above reactive dyes showed bathochromic shifts, and bluish shades on silk fibre were observed. The exhautions and reaction ratios on silk were more than 88%and washing fastness was 4-5 grade.<BR>The structures of aminosulfo derivatives of Rhodamine were characterized by NMR and IR spectra and elemental analysis.

収録刊行物

  • 色材協會誌

    色材協會誌 71(6), 353-361, 1998-06-20

    一般社団法人 色材協会

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003731344
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354634
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0010180X
  • NDL 記事登録ID
    4502209
  • NDL 雑誌分類
    ZP23(科学技術--化学・化学工業--染料・顔料・塗料)
  • NDL 請求記号
    Z17-211
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ