ハイブリッド浴法による銅(II)浴からのアルミニウムの陽極酸化と電解着色 Anodic Oxidation and Electrolytic Coloring of Aluminum Using Cu (II) Electrolyte by Hybrid Bath Process

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

銅 (II) 浴を用いてアルミニウムの陽極酸化と電解着色をハイブリッド浴法 (HBP) で行い.得られた着色皮膜の色彩や組成などについて, 従来法によるものと対比させながら検討した。<BR>その結果, 従来法, HBPとも赤褐色の着色皮膜が得られたが, その明度 (L*値) は従来法の低濃度の硫酸着色浴<従来法の高濃度の硫酸着色浴<HBPの順となった。これらの着色皮膜について, 薄膜法によるX線回折測定と電子線プローブマイクロアナライザーによる皮膜断面の線分析を行い, いずれも孔底付近に銅が金属の状態で析出していることを確認した。本実験で得られた着色皮膜は, 時間の経過とともに退色する傾向がみられたが, 退色の起こりやすさは着色方法とは関係なく, 保存環境中の水分量や陽極酸化時に皮膜中に混入する硫酸根量に依存し, これらが多い場合に起こりやすいことがわかった。このような着色皮膜の退色は, 皮膜中に析出した金属銅が緑青類似の化合物に変化するたあに起こると考えた。

Anodic oxidation of aluminum and electrolytic coloring were performed in Cu (II) containing solution by hybrid bath process (HBP). The color and composition of obtained films were investigated in comparison with those obtained by the conventional process. The color of the films produced by both processes was reddish brown. L* value, which indicates the degree of lightness, was the following order for the three processes, conventional bath with low concentration of sulfuric acid<conventional bath with high concentration of sulfuric acid<HBP. XRD and EPMA results revealed that metallic copper was deposited on the bottom of the pores of the films. The films were decolorized with an increase of time regardless of the coloring process.The decoloration depended on the water content of surroundings around the films and the content of sulfate anion in the films. The reason for the decoloration seemed that metallic copper was converted to the compound like verdigris.

収録刊行物

  • 色材協會誌

    色材協會誌 71(6), 367-374, 1998-06-20

    一般社団法人 色材協会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

  • <no title>

    伊藤征司郎

    材料技術 14, 21, 1996

    被引用文献2件

  • <no title>

    伊藤征司郎

    材料技術 15, 45, 1997

    被引用文献2件

  • <no title>

    坂下嘉宏

    色材 70, 576, 1997

    被引用文献1件

  • <no title>

    坂下嘉宏

    材料技術 16, 83, 1998

    被引用文献1件

  • <no title>

    馬場宣良

    金属表面技術 27, 491, 1976

    被引用文献1件

  • <no title>

    佐藤敏彦

    金属材料 16, 27, 1976

    被引用文献1件

  • <no title>

    高橋英明

    色材 62, 607, 1989

    被引用文献1件

  • <no title>

    水木一成

    金属表面技術 31, 75, 1980

    被引用文献2件

  • <no title>

    佐藤敏彦

    アルトピア 25(6), 40, 1995

    被引用文献1件

  • アルミニウム材料の最新の表面処理技術

    海老原健

    軽金属学会第45回シンポジウムテキスト, 66-69, 1994

    被引用文献1件

  • <no title>

    LICHTENBERGER-BAJZA E.

    Met. Finish. 71(9), 50, 1973

    被引用文献2件

  • <no title>

    SAJI T.

    Plat. Surf. Finish. 66(11), 40, 1979

    被引用文献1件

  • <no title>

    MASON R. B.

    J. Electrochem. Soc. 102, 671, 1955

    DOI 被引用文献3件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003731375
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354634
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0010180X
  • NDL 記事登録ID
    4502211
  • NDL 雑誌分類
    ZP23(科学技術--化学・化学工業--染料・顔料・塗料)
  • NDL 請求記号
    Z17-211
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ