東海発電所の廃止措置 Decommissioning at the Tokai Power Station of Japan Atomic Power Company

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日本初の商業用原子力発電所である東海発電所は, 1998年3月末をもって運転を終了した。その建設,運転を通して我が国の原子力発電の基礎を築き,多くの原子力関係者を育成した。 32年間にわたり運転経験を積み重ね,原子力発電の定着という役割を果たしてきた。運転の終了は同時に廃止措置の始まりでもあり,東海発電所は日本では未だ経験のない商業用原子力発電所の安全かつ合理的な廃止措置の実証という新たな役割を担った。

収録刊行物

  • 日本原子力学会誌 = Journal of the Atomic Energy Society of Japan

    日本原子力学会誌 = Journal of the Atomic Energy Society of Japan 40(11), 855-860, 1998-11

    Atomic Energy Society of Japan

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10003816543
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00188477
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00047120
  • NDL 記事登録ID
    4607751
  • NDL 雑誌分類
    ZN36(科学技術--原子力工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z16-434
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ