格子データによるヒマラヤ山脈から天山山脈にかけての接峰面と京都盆地のN値の解析 The Summit-level Map of the Himalaya-Tien Shan Area and the Isopleth Maps of N Values in the Kyoto Basin based on Modeling of Grid Data

この論文をさがす

著者

    • 小池 克明 KOIKE Katsuaki
    • 京都大学工学部資源工学教室 Department of Mineral Science & Technology, Faculty of Engineering, Kyoto University
    • 西山 孝 NISHIYAMA Takashi
    • 京都大学工学部資源工学教室 Department of Mineral Science & Technology, Faculty of Engineering, Kyoto University

収録刊行物

  • 情報地質 = Geological data processing  

    情報地質 = Geological data processing (12), 329-339, 1987-12-27 

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004277675
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0036643X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0388502X
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ