日本人と中国人のマガーク効果 -外国語効果をめぐって- Difference in teh magnitude of McGurk effect between Chinese and Japanese perceivers: Which is effective, Chinese stimuli or Japanese stimuli?

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本音響学会研究発表会講演論文集  

    日本音響学会研究発表会講演論文集 1998(2), 375-376, 1998-09-01 

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004298827
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351181
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    13403168
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ