信頼性理論に基づくRC橋梁システムの地震時安全性評価法 SAFETY EVALUATION METHOD OF RC BRIDGE SYSTEMS UNDER EARTHQUAKE BASED ON RELIABILITY THEORY

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では, 信頼性理論に基づき, 地震開始時から任意時刻までにおける構造物および構成部材の破壊確率を算定する手法, およびマルコフ過程を用い構造物の破壊確率および構成部材の損傷確率を算定する手法を提案した. 提案された手法は, 破壊確率と損傷確率により構造物および構成部材の破壊と損傷の時間的推移を定量的に評価できる特徴を有する. さらに, 提案された手法に基づき, 支承 ―RC橋脚― 杭基礎から構成される橋梁システムの地震時における安全性評価を行い, 支承, 橋脚, 杭基礎の破壊および損傷が橋梁システムの安全性に及ぼす影響について検討した.

In this study, a method for evaluating the failure probabilities of bridge systems and members based on a time-variant system reliability theory and a method for evaluating the failure probabilities of bridge systems and damage probabilities of members based on Markov chain were proposed. And the safety of RC bridge systems which are consisted of aseismic base isolation shoe, RC pier, and pile against earthquake is evaluated on the basis of the proposed method. Furthermore, the influences of member failure on the safety of bridge systems under earthquake are examined by use of the proposed method.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 648, 9-21, 2000-05-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  22件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004443821
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5356700
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ