高性能軽量・高流動コンクリートに関する研究 STUDY ON SELF COMPACTING HIGH PERFORMANCE LIGHTWEIGHT CONCRETE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

人工軽量骨材コンクリートI種に自己充てん性を付与することを目的として, 水粉体容積比, モルタルの単位容積質量, 軽量粗骨材の種類および単位量を要因として, 流動性試験, 充てん性試験および材料分離抵抗性試験を行った. その結果, 人工軽量粗骨材を使用した高流動コンクリートは, 粗骨材の密度が小さいことから, 粗骨材の浮上りによる材料分離が生じやすいこと, 適正なモルタルの粘性 (水粉体容積比), モルタルの単位容積質量および単位粗骨材量を選定することで, 軽量粗骨材の特性に応じて, 高流動性, 自己充てん性, 材料分離抵抗性を有する軽量骨材コンクリートの配合を選定できることが分かった.

The test results evaluating the properties of self compacting concrete using high performance artificial lightweight aggregates which has been developed recently are discussed in this paper. The main subjects are the influences of unit weight of mortar, specific gravity and unit quantity of lightweight coarse aggregate, and water to powder volume ratio. As the results, it is possible to design the mixture proportion of self compacting lightweight concrete with high resistance to segregation by setting up unit quantity of aggregate, unit weight of mortar, and water to powder volume ratio according to material properties properly.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 648, 23-32, 2000-05-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004443844
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5356713
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ