大変形領域の交番荷重を受けるRC橋脚のフーチングからの鉄筋抜出し量算定法に関する研究 STUDY ON QUANTITY EVALUATION OF PULL OUT OF LONGITUDINAL BAR FROM FOOTING OF RC PIERS RECEIVED CYCLIC LOADING OF LARGE DEFORMATION RANGE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

RC橋脚や柱部材の地震時変形性能を適切に評価するためには, く体部分の曲げやせん断による変形性状を把握するとともに, フーチングからの軸方向鉄筋抜出しに起因する回転による水平変位も精度よく把握する必要がある.<br>本研究は, RC橋脚や柱部材の地震時変形性能評価の基礎となる軸方向鉄筋のフーチングからの抜出し量に着目し, 部材塑性率が10程度となるような大変形領域の交番荷重時に適用可能なフーチングからの軸方向鉄筋抜出し量算定法の提案を行うものである.

This paper proposes a method which is about quantity evaluation of pull-out from footing of longitudinal bar of RC bridge piers and RC columns received cyclic loading with large deformation range. To evaluate of deformation capacity under earthquake is based on this pull-out of steel bar from footing. Furthermore, a study was made on the method to obtain pull-out of steel bar from footing of the reinforced concrete bridge piers and RC columns for applicable of deformation capacities over 10 of ductility ratio, a method capable of calculating accurately was proposed.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 648, 43-54, 2000-05-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004443867
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5356744
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ