炭素繊維シートの付着機構に関する基礎研究 FUNDAMENTAL STUDY ON BOND MECHANISM OF CARBON FIBER SHEET

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論文は, コンクリートにエポキシ樹脂を用いて接着した炭素繊維シートの付着性状を実験的に明らかにし, その挙動および強度を予測できる手法を提示するものである. すなわち, 炭素繊維シートの付着長, 積層枚数, 付着幅, を実験変数とした付着試験を行い, その付着機構を実験的に明らかにした. さらに, 実験結果に基づき, 炭素繊維シートの付着応力-すべり-ひずみ関係の構築を行った. また, 付着応力-すべり-ひずみ関係を用いた数値解析に基づき, 炭素繊維シートの付着強度式を提案した.

The aim of this study is to clarify the bond mechanism of Carbon Fiber Sheet (CFS) attached to concrete using epoxy resin and to propose the numerical methods which can simulate the bond behavior of CFS and its bond strength. A bond-slip-strain relation for CFS has been developed based on the bond characteristic which was clarified by means of experimental observation. A numerical method using the bon d-slip-strain relation can simulate the actual bond behavior. This paper also reports that a bond strength equation developed by the numerical analysis can predict the experimental results with good accuracy.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 648, 71-87, 2000-05-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  14件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004443894
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5356794
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ