補修用ポリマーモルタルの硬化収縮により導入される初期応力に関する研究 STUDY ON STRAIN AND STRESS DUE TO SETTING SHRINKAGE OF POLYMER MORTAR USED FOR REPAIR OF CONCRETE STRUCTURES

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ポリマーモルタルは, その高い接着性能からコンクリート構造物の補修用材料として広く用いられているが, セメントコンクリートと比較して一般に硬化収縮が大きく, その硬化収縮が被補修体であるコンクリート部材に及ぼす影響を的確に評価することは重要である.<br>本研究は, ポリマーモルタルの硬化収縮特性を新たに開発した測定方法により定量的に評価し, さらに被補修体であるコンクリート部材に導入される初期応力を明確に検討するために, ポリマーモルタルをALCまたはセメントモルタルに打ち継ぐ実験および解析を通して, 2層構造の観点から硬化収縮特性の評価を行った.

Polymer mortar is generally used for repairing concrete structures. However, its behavior in the setting characteristics has not fully been explored.<br>In this study, shrinkage strain and stress in the setting process of polymer mortoar with three kinds of resin were measured with an original test apparatus incorporating a non-contact type displacement meter and load cells.<br>Then, stress and deformation of two-layer composite beams composed of polymer mortar and ALC were investigated. Furthermore, from the viewpoint of energy at setting of polymer mortar, characteristics of polymer mortars used were discussed.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 648, 155-166, 2000-05-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004443975
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5356876
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ