FWD試験データの相関が逆解析におよぼす影響 INFLUENCE OF CORRELATION AMONG DEFLECTION DATA ON THE BACKCALCULATION RESULTS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は, FWDたわみ相互の相関が逆解析結果にどのように影響するかを検討することである. まず, 建設省土木研究所で行われたFWD試験の中でたわみ相関の比較的強いデータを用いて, 相関のない表面たわみ及び実測値とほぼ同じ相関を持つ表面たわみの二種類をモンテカルロシミュレーションして, たわみの相関が逆解析に与える影響を検討した. さらに, 相関の程度が異なる表面たわみを理論的に算出のうえ逆解析を行い, 相関の程度が逆解析に与える影響を調べた. その結果, たわみの標準偏差が同じ場合相関が強いほど, 逆解析結果のばらつきが小さくなることが明らかになった.

A study on how correlation among FWD deflection data influences accuracy of the backcalculated pavement layer moduli is presented. FWD data were obtained from the Ministry of Construction, Road Test Section 609 and the data with stronger correlation were used in this study. Deflections without correlation and with similar correlation to the FWD data were generated using Monte Carlo simulation in order to investigate the effect of correlation on the backcalculation results. Furthermore, backcalculation analysis using theoretical deflection data with the same standard deviation but different correlations showed smaller variation in the backcalculation results for the deflection data with stronger correlation.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 648, 243-252, 2000-05-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004444106
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5356956
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ