基盤の局所沈下に伴う敷設高密度ポリエチレン(HDPE)ジオメンブレンの伸び挙動評価の模型実験 MODELED TEST FOR ESTIMATING THE TENSILE BEHAVIOR OF EMBEDDED HDPE GEOMEMBRANE SUBJECTED TO DIFFERENTIAL SETTLEMENT OF BASE GROUND

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

廃棄物処分場に遮水材として敷設されるジオメンブレンは, その基盤の局所沈下に伴って変形し, 引張りひずみを生じる. このとき発生するひずみの評価式が幾つか提案されているが, 実験的検証が十分ではない. 本論文では, 落とし戸模型実験を実施し, 上載圧およびジオメンブレンと接触物との摩擦条件の変化がジオメンブレンに発生するひずみ分布に与える影響について検討した. また, 実験より得られた最大引張りひずみを, Trough Model および弾性モデルで評価し, 前者は実験値より小さ目に, 後者は大き目に評価することを示した. そして, 設計上の観点からは, 砂層のすべり面の傾斜角の仮定を修正した Trough Model で伸び量を評価し, この値を用いて弾性モデルで最大引張りひずみを評価する方法が妥当であることを示した.

When the base ground overlying geomembrane liner may subside partially, the geomembrane is forced to create tensile strain. Some methods of calculating induced tensile strain have been proposed, but their usefulness has not been proven. In this paper, the effects of confining pressure and of frictional property on geomembrane interface are considered by conducting the trapped door tests. It was found that the maximum tensile strain were underestimated by Trough Model and overestimated by Elastic Model respectively. Then the authors modified the Trough Model's assumption about the angle of shear plane progressing in lower protective layer, and presented a method to estimate the elongation and the maximum tensile strain.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 652, 35-45, 2000-06-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004444172
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5401580
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ