岩石の比抵抗特性と地質要因に関する室内試験と考察 EXPERIMENTAL STUDY ABOUT THE GEOLOGICAL FACTORS ON RESISTIVITY CHARACTERISTICS OF ROCK

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

岩石の比抵抗と地質要因, 含水量などとの関係について明らかにし, 電気探査結果から地山の岩盤状況を評価する際の基礎資料を得ることを目的にして, ボーリングコアおよび立方体供試体を用いて室内試験を実施した. その結果, 岩石の比抵抗は岩種, 有効間隙率および飽和度によってほぼ決定されること, 岩石中の亀裂などの不連続面の方向, 含水状態および介在物が比抵抗に大きな影響を与えることがわかった. また, 広く知られている砂岩等に対するアーチーの式を適用して, 通常の地下水の比抵抗範囲20~100Ω・mにおける岩石の比抵抗を評価するパラメータを求めたほか, 飽和状態の比抵抗と有効間隙率との関係, 比抵抗と飽和度および含水比との関係, 不連続面が地山比抵抗に与える影響などの検討を行った.

To study the electrical properties of rocks and its relation to the geological factors and water content, laboratory tests were conducted with borehole cores including granite, rhyolite, sandstone, shale and altered rocks, and with cubic rock samples containing artificial discontinuies in it. The following results obtained give us the fundamental knouwledge which is helpful at the stage of explaining the resistivity map which is the results of electrical survey. The major part of core resistivity are determined by the constituting matters, porosity and water (not brine) content. The direction of current flow to the discontinuity surface lie fractures, water content and jammed matters in the discontinuity surface influence largely to the resistivity of cubic rock samples. And the equivalent parallel circuit model was successfully applied to explain the rock samples resistivity with discontinuities surface.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 652, 171-183, 2000-06-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  27件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004444380
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5401700
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ