自立式プレキャスト法枠を用いた盛土補強土工法の開発 DEVELOPMENT OF A REINFORCING METHOD USING GEOSYNTHETICS AND SLOPE SURFACE PROTECTION WORK FOR EMBANKMENT SLOPES

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

急勾配盛土が可能なジオシンセティックスを用いた盛土補強土工法は, 近年施工実績も増え, 補助工法と組み合わせた工法も幾つか提案されてきている. この補強盛土の施工において, 盛土造成時に法面形成を行い, 且つ補強領域の一体化を促進する法面保護工の拘束効果も, 盛土の安定に寄与する重要な要因のひとつである. 筆者らはこの点に着目し, 室内および現場での各種実験ならびに数値解析を行うことによって, ジオシンセティックスと法枠を組み合わせた新しい盛土補強土工法を開発し, いくつかの工事に適用してきた. これらの実験および現場計測データから, 本工法は補強効果の増大のみならず, 完成後の景観からみても永久構造物としての仕様を十分満足するものとなっていることが確認できた.

Reinforcing steep embankment slopes with geosynthetics has become popular recently. It has been known empirically that reinforced slopes become more stable by applying some confining pressure to the slope face. Recognising the Importance of this factor, the authors developed a new construction method using geosynthetic reinforcement layers the ends of which are connected to a reinforced concrete slope face protection work. To this end, a series of small laboratory model tests and full-scale field tests and their FEM numerical simulation were performed. The results confirmed the importance of slope face confining for stabilising the reinforced slope and reducing the slope deformation. A number of actual slope protection works have been performed by this new construction method with vegetating slopes through openings of reinforced concrete slope protection works.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 652, 207-216, 2000-06-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004444439
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5401740
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ