掘削工事における周辺地盤の簡易沈下予測手法 A SIMPLE METHOD OF BACK-FILL SETTLEMENT ASSOCIATED WITH EXCAVATION WORK

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

開削工法などの掘削工事では, 周辺地盤や構造物に及ぼす変形が大きな問題となる場合がある. 特に都市部における掘削工事では周辺構造物の密度は増す一方であり, 十分な検討が必要となる. しかし, 土留め工設計に関わる各規準においては具体的な検討手法を記述したものは少なく, どのような方法が優れているか, 未だ定見はない. また, 比較的煩雑な手法が多く, 設計時に得られている少ない情報から容易に周辺地盤の変形を予測する手法が求められる. 本研究は, モデル地盤による有限要素法解析結果と現場で計測されたデータから求めた周辺地盤への変形の影響要因を評価し, 設計計算に用いるパラメータ (主としてN値および土留め壁の剛性) を用いて, 掘削時の周辺地盤変形を簡便に予測するための新しい手法を提案するものである.

The prediction of back-fill settlement due to the excavation work is getting important, particularly in the urban area. The finite element simulation would be a suitable choice to answer it. However, it is not feasible in practice to carry it out because input parameters needed in the F. E. simulation are not provided in advance in the stage of design work. This paper proposes a simple prediction method of the back-fill settlement due to the excavation work. The proposed method is built based on a lot of monitored data obtained from sites and the numerical results obtained from a series of F. E. simulations for imaginary excavation sites. It is designed to be simple and useful in the stage of design work. This method consists of two parts, prediction of the maximum amount of back-fill settlement and prospect of the distance from the retaining wall.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 652, 217-227, 2000-06-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004444453
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5401746
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ