RMRによる岩盤の変形係数の推定 ESTIMATING DEFORMATION MODULUS OF ROCK MASS FROM BIENIAWSKI'S ROCK MASS RATING (RMR)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本文では, Bieniawski の岩盤分類評価法RMRから岩盤の変形係数を推定する方法を新たに提案する. 提案方法は, Hoek-Brown の岩盤破壊基準を基に, 岩盤の限界ひずみと岩石の限界ひずみとがほぼ等しいという条件から導出したものである. 日本国内の平板載荷試験の結果と比較することにより, 提案方法が既存方法より改善された推定結果を与えることを示す.

A practical procedure for estimating the deformation modulus of rock mass from Bieniawski's rock mass rating (RMR) is proposed. The procedure is based on the Hoek-Brown failure criterion and the fact that the critical strain of rock mass is approximately as the same as one of the intact rock. Thus the deformation modulus of rock mass is expressed in terms of the elastic modulus of intact rock multiplied by a reduction factor which is a function of RMR. The comparison of the proposed and the existing procedures with the results obtained from plate loading test shows that the proposed one improves the estimation of deformation modulus of rock mass.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 652, 283-286, 2000-06-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004444547
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5401835
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ