砂質土地盤でのサクションの現地計測システムの開発 DEVELOPMENT OF FIELD MEASURING SYSTEM FOR SUCTION IN UNSATURATED SOIL WITH RAINFALL

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

南九州には火砕流堆積物の非溶結部であるしらすが広く分布している. しらすを主な構成土質材料とするしらす地盤では, 豪雨時に斜面崩壊や斜面崩壊に伴う土石流が発生し, しばしば地盤災害が発生している. このような豪雨に伴う地盤災害の防災・減災を目指し, 斜面崩壊を予知するためのサクションと雨量の現地計測システムを開発したので紹介する. サクションの計測にはテンシオメータを使用し, 雨量は転倒ます式の雨量計によって計測している. 計測システムにおいては, 計測されたデータがデータロガーにファイルされ, ファイルされたデータが携帯電話を介した遠隔操作により研究室のパソコンによって回収できるようになっている.

A non-welded part of pyroclastic flow deposits, Shirasu, is widely distributed on the surface ground in southern part of Kyushu Island. Slope failures due to heavy rainfall often occur on the Shirasu slope in the rainy season, occasionally followed by debris flows. n this paper the field measuring system for suction in unsaturated soil and rainfall is introduced to aim the prevention and prediction of natural disaster caused by slope failure. In the system the tensiometer and tipping bucket type's rain gauge are used to measure the suction and rainfall respectively. The acquired data are filed in the data-loggers and transmitted to the laboratory through the cellular phone. The change in suction due to rainfall is shown with time elapsed. Then the seepage behavior of rainwater into ground is qualitatively discussed with the intensity of rainfall. It is found that the developed field measuring system is promising to predict the slope failure due to rainfall.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 652, 287-292, 2000-06-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  9件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004444560
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5401847
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ