シールド工事用セグメントの水膨張シール材による止水設計法について SEGMENT WATERPROOFING DESIGN USING HYDROTITE SEAL IN SHIELD TUNNELING

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

シールドトンネルの漏水は, トンネル本体の劣化ばかりでなく, トンネル周辺地山の劣化も引き起こすことから, 漏水の処理にかかるランニングコストもさることながら, トンネルの耐久性を考える上でも重要な問題となっている. トンネル内への漏水が発生する箇所は, そのほとんどがセグメントの継手部であり, 継手面に貼付するシール材の選定が, トンネルの防水には特に重要である. しかしシール材の材質や形状寸法等の選定は, 従来からの経験や実績に基づき行なわれてきたのが実情であり, 止水設計法と呼ばれるようなものは現状では確立されていない. 本研究は現在もっとも多く使用されている水膨張シール材を対象に各種の止水試験を行い, その結果から密封の原理 (パッキン理論) に基づくシール材の止水設計法を提案するものである.

Groundwater leakage in shield tunneling causes deterioration of not only the tunnel but also the surrounding earth formation. Therefore, groundwater leakage is an important question when tunnels are considered in view of their durability though the leakage maintenance requires an investment of money. Because the water leakage occurs at segment joints in most cases, a selection of segment sealing materials plays an important part in tunnel waterproofing. So far, the selection of the seals, forms and measurements has been determined by experience and actual results. Thus, design for the waterproofing is yet to be standardized. In this report, various waterproofing tests using hydrotite seals which are most widely used are presented. Based on the test results, a proposal of the waterproofing design based on packing principles is also presented in this report.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 651, 61-79, 2000-06-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004444604
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5401659
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ