技術的特色をもつプレストレストコンクリート鉄道橋の耐久性評価 EVALUATION OF THE DURABILITY OF TECHNICALLY CHARACTERISTIC PRESTRESSED CONCRETE RAILWAY BRIDGES

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

わが国のPC鉄道橋の歴史は, 1954年に建設された旧国鉄信楽線 (現信楽高原鉄道) 第1大戸川橋梁に始まり, 以来, 線増, 河川改修, 都市内の鉄道立体交差, 新幹線等のプロジェクトにおいて新技術に挑戦した建設がつぎつぎと行われ今日に至っている. 本論文は, 今後ますます重要となってくる構造物の耐久性に着目し, これまでに建設された技術的特色を有するPC鉄道橋のうち, 供用期間が20年以上の28橋梁を選び耐久性を評価したものである. 28橋梁の目視観察結果をもとに, 変状の種類, 進行状態, 補修の有無に基づく健全度ポイントという指標を用いて各橋梁の健全度を評価した. 実橋梁の耐久性指標としての健全度ポイントは, 土木学会の「コンクリート構造物の耐久設計指針 (案)」による評価と概ね一致することが分かった.

Prestressed concrete railway bridges (PCR bridges) cross rivers, roads and railways. As many PCR bridges have been constructed, the problems of durability such as deterioration of concrete and reinforcing steel bars will come to the fore after this type of bridge has been in operation for a long time.<br>This paper describes the evaluation of the durability of 28 technically characteristic PCR bridges operated for more than 20 years. The author evaluated the degree of durability by visual observation using the durability point proposed by the author in accordance with the "Proposed recommendation on durability design for concrete structures" published by JSCE.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 651, 81-90, 2000-06-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  42件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004444616
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5401668
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ