地盤物性値の空間分布推定問題への自己組織化特徴マップの応用 AN APPLICATION OF SELF-ORGANIZING FEATURE MAP TO SPATIAL ESTIMATION PROBLEM FOR GEOTECHNICAL CHARACTERIZATION

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

土木構造物を設計し, 建設するにあたって, まず地盤の状態を正しく推定することが必要となる. そのためにボーリングなどの調査が行われ, 調査地点における地盤物性値が求められる. しかし, 経済的理由等から調査地点の数は限定され, 広い建設用地全体から見るとわずかな点の情報が得られるに過ぎない. 結局, 専門家の経験に基づいて点の情報を相互に関連付け, 二次元・三次元空間における地盤物性値の分布を推定することになる.<br>本論文では, 地盤物性値の分布推定を空間上の曲面補間問題としてとらえ, 多次元空間に分布する情報の相互関係を明確にする自己組織化特徴マップに曲面補間に適するような改良を加えた新しいアルゴリズムを提案している. そして, これを用いて地盤物性値の空間分布推定を行い, その有効性を示している.

For design and construction of structures, it is required to get various geotechnical data on foundation. Generally, investigations using boring are done, and geotechinical characterizations of foundation are obtained at boring spots. As the number of boring is restricted for reasons cost and time, it is very hard to estimate the spatial distribution of geotechnical characterizations using such a few of boring data. Various spatial estimation techniques have been developed and examined. However, no efficient and convenient one has been developed. In this study, an efficient and convenient spatial estimation method is proposed using a new algorithm improved the SOM. The efficiency is shown by an example such that this proposed method is applied to a spatial estimation of permeability of bedrock.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 651, 145-156, 2000-06-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004444720
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    5401717
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ