強風によって輸送される白波砕波上の飛沫量と風応力の関係 A RELATIONSHIP BETWEEN SPRAY QUANTITY AND WIND SHEAR STRESS ON WHITH CAPS UNDER STRONG WINDS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

風洞付き二次元造波水槽を用いて強風下の沖合い海域で発生する飛沫量の実験を行った. 白波砕波上の飛沫の粒径分布から飛沫濃度を定量的に評価し, 水表面に作用する風応力との関係を明らかにした. 飛沫量は水面上の摩擦速度と飛沫の沈降速度に強く依存する. また, 画像解析結果から, 飛沫粒径および飛沫の沈降速度は高さの-1乗に比例して減少することが示された. 以上の検討結果に基づき, 高さ10mの平均風速と卓越波の波速と波高から, 白波砕波を伴う実海域における任意の高さでの飛湯濃度を評価できる半経験手法を提案している.

When a large amount of sea water spray is transported landward by a strong wind, severe salt damages will be caused in the wide coastal region. In this study, the quantity of spray generated from white caps under strong winds has been investigated experimentally by using a wind-wave tank. Spray quantity depends strongly on the friction velocity on the water surface and the settling velocity of spray. The drag coefficient on white caps is given by an increasing function of the wind-wave factor. It is shown from image data processing that the settling velocity of spray decreases in inverse proportion to the height from water surface. The vertical profiles of spray concentration can be expressed universally by using these results.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 635, 113-126, 1999-11-21 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  46件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004444952
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4929097
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ