ずれ止めを用いたコンクリート充填鋼管ソケット接合部の耐力評価 ULTIMATE STRENGTH OF SLEEVE JOINT BETWEEN CONCRETE-FILLED CIRCULAR STEEL PIPES WITH SHEAR CONNECTOR

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

コンクリート充填鋼管柱の接合方法として, 径の大きな鋼管内に小径の鋼管を所定長さ差し込み, その間隙をコンクリートで充填し一体化する接合構造がある. 小径鋼管の外面および大径鋼管の内側にずれ止めを施した供試体について, 載荷方法, 二つの鋼管径の比をパラメータとしてその接合部の終局強度を調査する実験を実施した. その結果, 接合部の終局搬に対して繰返し載荷の影響は最大荷重に至るまでは少ないこと, 二つの鋼管径の違いが大きくなった場合には接合部の破壊性状が異なることがわかった. さらに柱下端にベースプレートを設けた供試体で実験を行なった結果, 柱にずれ止めを設けた供試体と比べ荷重低下は早く始まるものの破壊性状は同様であることが明らかになった. 実験結果から釣り合い条件を検討し, より広い条件下で接合部の終局強度を比較的精度よく算出できる修正式を提案した.

As a method of connecting two concrete-filled circular steel pipes, a simple sleeve joint in which a small diameter pipe is inserted with the specific length to a large diameter pipe with concrete filling the gap between two pipes has been proposed as an economical and effective joint system. Joint specimens with shear connectors on pipe faces as well as those using a base plate at the tail end of the inserted steel pipe were tested in order to investigate the effect of loading method and the ratio of larger pipe diameter to smaller one. The test results indicate that the loading method, cyclic or monotonic, has little effect on the load-defection curves up to maximum load and failure mechanism of the joint system changes with the increase of pipe diameter ratio. In this paper, a modified equation for calculating the ultimate strength is developed to encompass those of more general configuration than the equation prposed previously.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 634, 71-89, 1999-11-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004445151
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4928959
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ