スランプフロー試験による高流動コンクリートのレオロジー定数評価法に関する研究 STUDY ON A METHOD OF OBTAINING RHEOLOGICAL COEFFICIENTS OF HIGH-FLOW CONCRETE FROM SLUMP FLOW TEST

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

スランプフロー試験におけるフロー到達時間とレオロジー定数との関係を明らかにすることを目的として, 高流動モルタルを用いてスランプフロー試験と球引上げ試験とを同時に実施した. この結果, 高流動モルタルは Bingham 流体としての流動特性を示すとともに, スランプフロー値が500mm以上の場合にはフロー半径200mm到達時間と塑性粘度η<sub><i>pl</i></sub>との間に, また, スランプフロー値が600mm以上の場合にはフロー半径250mm到達時間と塑性粘度η<sub><i>pl</i></sub>との間に高い相関関係が認められた. したがって, 高流動コンクリートが Bingham 流体としての流動特性を示す場合には, 400mmフロー到達時間, あるいは500mmフロー到達時間によって塑性粘度が評価可能であることが示唆される.

To make clear the relationship between flow behavior in the slump flow test and rheological coefficients of high-flow concrete, slump flow tests and sphere drag tests were carried out simultaneously, and then analytical research was made on the test results. As a result of this research, it was ascertained that a high mutual relation exists between reaching time in 250mm radius and plastic viscosity, η<sub><i>pl</i></sub>, if slump flow is at least 600mm. Consequently, plastic viscosity, η<sub><i>pl</i></sub> can be obtained by reaching time in 500mm flow in the slump flow test, if slump flow is at least 600mm.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 634, 113-129, 1999-11-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  29件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  6件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004445193
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4928972
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ