PCははりおよびPRCはりのアンボンド化による動的じん性向上とその推定法 ESTIMATION METHOD OF DYNAMIC DUCTILITY OF UNBOND PRESTRESSED CONCRETE BEAM AND PRESTRESSED PEINFORCED CONCRETE BEAM UNDER HIGH SPEED LOADING

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は, PCはりおよびPRCはりをアンボンド化することによる動的じん性向上効果について実験的かつ解析的に検討したものである. すなわち, まずPCはりおよびPRCはりのアンボンド化による動的じん性向上効果を確認するため, 小型のボンドおよびアンボンドPCはりおよびPRCはりを対象として静的および高速載荷実験を行い, 荷重~変位関係, 終局変位および破壊メカニズムについて比較考察した. 次に, 断面分割法と離散化モデルを併用した簡易動的終局変形解析を行い, 実験結果と比較することにより動的じん性向上のメカニズムについて考察した. 最後に, 本解析法を実物大のPRCはりの動的終局変位の推定に応用したものである.

This paper presents an estimation method of dynamic ductility of unbond prestressed concrete (PC) beam and prestressed reinforced concrete (PRC) beam under high speed loading. First, the static and high speed loading tests were performed in order to examine the elastic-plastic behaviors and ultimate limit state of bond and unbond PC and PRC beams, respectively. It is found that the ductilities of unbond PC and PRC beams are almost two times larger than those of bond PC and PRC beams under high speed loading. Second, a discrete model analysis method was developed for the estimation of dynamic ultimate limit states of bond and unbond PRC beams under high speed loading. The both values of dynamic load and ultimate deformation estimated by the proposed method are almost in good agreement with those obtained by the tests. Finally, the proposed dynamic analysis was applied to the estimation of dynamic ultimate deformations of prototype PRC beams.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 634, 227-241, 1999-11-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  24件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004445353
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4929006
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ