練混ぜ時における高性能AE減水剤の粒子分散効果に関する定量的評価 QUANTITATIVE EVALUATION ON THE PARTICLE DISPERSION EFFECT OF A SUPERPLASTICIZER WHEN MIXING TIME IS VARIED

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

自己充填コンクリート用モルタルの相対フロー面積比と相対漏斗速度比の比を高性能AE減水剤の粒子分散効果の指標として, 練混ぜ時におけるポリカルボン酸系高性能AE減水剤の粒子分散効果を定量的に表した. 練混ぜ水を分割投入して練り混ぜると, 練混ぜ時間の延長によって高性能AE減水剤の粒子分散効果が低下した. この主要因は, セメント粒子の比表面積が水和反応によって練り混ぜるほど増加するためであることを示した. 高性能AE減水剤の吸着量を, 単位セメント重量当たりから単位表面積当たりに置き換えると, 粒子分散効果は単位表面積当たりの吸着量に比例した. 練混ぜ時においても, ポリカルボン酸系高性能AE減水剤の立体障害効果による粒子分散作用を明確に示した.

This paper discusses quantitative evaluation of the particle dispersion effect of polycarboxylate-based superplasticizer, varying mixing time, since the particle dispersion effect of the superplasticizer is characterized with the ratio of flow area and funnel speed of the mortar of self-compacted concrete. The particle dispersing effect of the superplasticizer decreased when mixing time is extended in the case of water double mixing. Main reason for this is that specific surface area of cement particles increases as cement hydration is progressed by mixing. The particle dispersion effect of the superplasticizer is in proportion to the adsorption amount of superplasticizer per unit surface area of cement particle, not per unit weight of cement particle. It is able to clearly explain that due to steric hindrance effect polycarboxylate-based superplasticizer exhibits particle dispersing effect even if mixing time is varied.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE  

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE 634, 255-267, 1999-11-20 

    Japan Society of Civil Engineers

参考文献:  25件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10004445396
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    4929020
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ